NEW 新着 喘息ぜんそく治療・改善エクササイズ情報



川井式喘息改善エクササイズ
自宅で簡単!呼吸が楽になる!

薬では喘息を治す事が出来ない

川井式喘息改善エクササイズ

本日は、薬の副作用についてお話します。
薬では喘息を治す事が出来ない!?

病院で行う主な治療法は、気管支拡張剤や吸入ステロイド剤、
点滴などで気道内の炎症を強制的に抑え、
一時的に気道を確保する対処療法であり、
残念ながら、「気道に炎症が起こりやすい」「気道が狭くなりやすい」と言う、
喘息の本当の原因にアプローチするものではありません

そもそも病院側も、薬剤によって“喘息をコントロールする事”が
治療目的だと認めていますので、
初めから喘息そのものを改善するつもりはないのです。
ですから、病院では喘息を根本的に改善する事は到底無理なのです。

更に薬剤による治療法は、予防的治療の場合も含めて、
薬剤を使用し続けなくてはいけませんし、
人によっては「一生薬を手放せない!」と言うように、
薬剤から逃れられない方も多いのです。

それに薬剤は、喘息の苦しさや死の危険から救ってくれる頼もしい存在ではありますが、
残念ながら、全く副作用が無い訳ではありません

薬剤を長期間使用する事により、
気管の弾力性や柔軟性が弱まったり、
呼吸機能をコントロールしている自律神経の働きが低下して、
結果的に呼吸機能が弱まり、
喘息症状が起きやすく、
薬が効かなくなると言った最悪の状態を引き起こします
他にも、薬剤の副作用には下記のようなものが挙げられます。

気管支拡張剤の一般的な副作用
・頭痛
・震え
・吐き気
・口のかわき
・発疹
・動悸
・血圧上昇
・高血糖
・胃腸出血
…etc

吸入ステロイド剤の長期使用の場合の一般的な副作用
・むくみ
・高血圧
・発汗異常
・多毛
・皮膚萎縮
・免疫力低下による感染症
・骨密度の低下
・小児の発育遅延
・月経異常
・動脈硬化
・精神異常
…etc

当然、喘息が改善されることはありませんし、
薬も徐々に強力なものへ変更が必要になり、
使用を止める事は出来ないのです。
一般的に喘息は、一生薬でコントロールしていくしかない…と。

しかし私共は、喘息にも必ず根本的な原因があると考え、
「喘息は治せる!」と確信し、常々その原因を模索していました。

そんな時、たまたま喘息の方が、猫背や姿勢の悪さなど、
体の歪みを改善する目的で来院していたのですが、
体の歪みが改善するにつれて、
夜中の咳や息苦しさがなくなり、
喘息の症状を発症しなくなったのです。
(株式会社夢丸さんのメールより)

プレゼント3大特典プレゼント
1「全額返金保証」
2「30日間・回数無制限・無料メールサポート」
3「DVD補助テキスト無料ダウンロード」



川井式喘息改善エクササイズ
公式ページはこちら

発行者:株式会社夢丸

川井式喘息改善エクササイズ 詳細
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック